2023年10月25日

バッグ持ち手の剥がれ修理

こんにちは神奈川県藤沢市でバッグの修理をしている「革のクリニック」です。
PA035540.JPG
PA035545.JPG
PA035551.JPG
今日はトートバッグ持ち手の剝がれ修理をご紹介します。
海外製トートバッグの持ち手は縫っていないものが多く、経年変化で接着剤が劣化して剝がれてしまうことがあります。
PA125673.JPG
PA125686.JPG
PA125694.JPG
そんな時は剥がれを接着してから縫って修理します。
こうすればもう剝がれることはありません。
剝がれて中の芯材がなくなると修理が大掛かりになるので、早めの修理をお勧めします。
バッグの持ち手の剝がれのご相談お待ちしております。
全国配送OKです。

お気軽にメールか電話でお問い合わせください。
藤沢駅南口より徒歩3分です。
kawaclinic@gmail.com
TEL:0466-54-0400

Instagramはこちら。
https://www.instagram.com/kawaclinic_leather_clinic/
Twitterはこちらです。
https://twitter.com/kawa_clinic
Facebookはこちら。
http://www.facebook.com/kawaclinic
posted by 仲本 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | バッグ修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする